「±0暮らしのレポーター」 クッキングミキサーB010でコーンスープ

July 5, 2019

こんにちは、世田谷区の料理教室ミルポアです。

東京、今日は曇りで涼しく、久しぶりに過ごしやすい陽気です。

 

でも気になるのが明日の天気。

明日は小学校の子どもまつり、私は子どものサッカーチームとして参加します。

キックゲームの景品がチューペット(氷菓)なので、涼しいと参加人数が減るって!

暑すぎるのもイヤだけど、今日みたいに涼しかったら売れないよ〜涙

 

さて、「±0暮らしのリポーター」活動の第二弾です。

本当はもう一つの商品、サーキュレーターのレポートをあげないといけないのですが、

素敵に取れる場所がうちにはない!!!

サーキュレーターの使い勝手は抜群で、毎日回しているのだけれど・・・

まずは部屋の掃除からだ。

 

というわけで今回もミキサーB010のレポートです。

 

前回その全貌を写していなかったので、トップの写真から。

すっきり無駄のないフォルム、ボタン、スイッチの類はついていません。

タンブラをぐっと押すことでスイッチが入る仕組みです。

 

今回も電子レンジとミキサーを使い、コーンスープを使いました。

とうもろこしが旬ですからね!

 

 

出来立ての温かいコーンスープです。

余ったらタンブラーに専用の取っ手付き蓋をして保存、入れ替えの必要がないって便利。

 

 

で、こちらが冷製のコーンスープです。

とうもろこしは皮が固いので、ミキサーだけでは若干舌に皮の残骸が当たります。

これはうちのハイパワーミキサーでもほぼ同じなので、本当に滑らかにしたい場合には裏ごしが必要です。

温かいスープはそのまま、冷製は裏ごししました。

 

タンブラーが電子レンジ使用なので、このミキサー1台で本格的なスープがつくれます。

火を使わずに作れる、洗い物が出ない、簡単にできるの3拍子揃った主婦の強い味方として、これからも大事に使っていきたいと思います。

 

 

<コーンスープ(2人分)>

とうもろこしの粒・・・1本分

玉ねぎ・・・50g

塩・・・小1/4

オイル・・・小1

牛乳・・・200cc

白胡椒・・・適宜

ドライパセリ・・・適宜

 

 

1. スライスした玉ねぎ、塩、オイルをタンブラーに入れて軽く混ぜ合わせ、蓋(電子レンジ対応の付属フタ)をして700wで1分半加熱する。

2. とうもろこし、牛乳の半量を入れて蓋をし、700wで2分加熱する。

3. 飾り用のとうもろこしを取り、残りの牛乳を入れてミキサーにかける。お好みで白胡椒を挽く。

4. 器に盛り、飾り用とうもろこし、お好みでドライパセリを振って出来上がり。

 

 

*電子レンジにかけた後のタンブラーは非常に熱くなります。取り出す際、フタを開ける際にはヤケドをしないよう十分注意してください。

→ゴム付きの軍手があると便利です。

*分量の牛乳全てを入れて電子レンジにかけると、吹いてしまう恐れがあります。

*より滑らかな口当たりを求める場合、目の細かい網で裏ごしします。

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索