GABANバジルで鶏そぼろ、からのアレンジ色々

May 17, 2019

 こんにちは、世田谷区の料理教室ミルポアです。

 

「ハウス食品×レシピブログ」のモニターコラボ、GABANバジルを使って鶏そぼろを作りました。

ガパオライスのようにご飯と一緒に(一緒に炒めてチャーハンもいいですね)、春雨と一緒にサラダに、サラダ菜に巻いて前菜に等々使い勝手抜群です。

鶏そぼろに入る野菜は水分の少ないにんにくのみなので、日持ちもします。

基本の鶏そぼろだけ作っておき、その日の献立に合わせてアレンジするのがオススメ。

 

GABANバジルで鶏そぼろ(作りやすい分量)

 

<材料>

鶏ひき肉・・・200g(もも肉でも胸肉でも)

にんにく・・・1片

GABANバジル・・・大1

紹興酒・・・大1

ナンプラー・・・小1〜2(ニョクマムでも)

黒胡椒・・・適宜

 

<作り方>

1 フライパンに鶏ひき肉、みじん切りしたにんにく、紹興酒を入れ、紹興酒を練り込むように混ぜたら中火にかける。

2 水分が抜けて脂が滲み出るまでしっかり炒めたら、GABANバジル、ナンプラー、黒胡椒を入れて炒め合わせて出来上がり。

 

・ナンプラーはメーカーにより塩分、香りが異なります。小1から味をみて調整してください

・もちろん豚ひき肉でも美味しく作れます

 

 

アレンジ例

 

その1 もやしとGABANバジルの鶏そぼろの和え物

 別に火入れしたもやしと一緒に和えるだけ。もやしのシャキシャキした食感が食べ心地よいです。

 

 

その2 GABANバジルの鶏そぼろと春雨のサラダ

 茹でてごま油、ナンプラーで味付けした春雨、小さくカットしたパプリカ、きゅうりと一緒に和えたもの。春雨が入ると子どものウケがさらによくなります笑。

 

 

その3 GABANバジルの鶏そぼろのサラダ菜包み

 

 鶏そぼろ、きゅうり、パプリカ、キヌアを混ぜ合わせ、スイートチリソースとナンプラー少々混ぜたソースをかけていただきます。

 

 

暖かいご飯にのせると、ご飯がすすむ君系おかずに早変わり。

300g分作って、その日のうちになくなりました。

 

レシピブログの「おなじみのさわやかハーブ あなたはどれがお好み?」レシピモニター参加中 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索