美味しい豚汁にするために必要な下処理

March 26, 2018

 こんにちは、世田谷区桜丘の料理教室、ミルポアです。

 

我が家でリピート率の高い豚汁です。

多めに作るけれど、みんなが(といっても3人家族ですが)お代わりするので、あっという間に完売御礼。

 

我が家で「豚汁」として認められるには、以下の具材が入っている必要があります笑。

 

豚肉(バラ肉だったり細切れだったり)

大根

人参

こんにゃく

油揚げ

ごぼう

 

これにネギや大根の葉、個人的には七味唐辛子をトッピングしたりします。

 

夫が1型糖尿病で糖質制限食のため、残念ながらジャガイモや里芋は入りません。

発症するまではジャガイモが入っていましたけどね。

(もっと細かくいうと根菜も糖質量はそこそこあるので、大根、人参、ごぼうもNGなのですが、そこまですると食の楽しみが失われかねないため、気にしない)

 

下処理が必要な食材は、豚肉、こんにゃく、油揚げ。

豚肉は一口大にカットし、お湯で軽く湯がいてアクと余分な脂を取り除き、

こんにゃくも下茹でして水分を抜き、味が入りやすくする。

油揚げは酸化した油を油抜きしておきます。

それから、笹がきしたしたごぼうも軽く水にさらしてアクを除く。

 

味噌汁にしては下処理が面倒な豚汁ですが、味噌を煮詰めても美味しいので作り置きできるメリットもある豚汁。

そして下処理をきちんとしてあげると、やっぱりグンと美味しさがアップする気がします。

 

暖かくなってきたけれど、豚汁があるとやっぱり嬉しいですよね。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索