タルト生地の成形 あると便利なもの

March 8, 2018

 こんにちは、世田谷区桜丘の料理教室、ミルポアです。

東京は雨だし寒いし、なのに目が痒くてたまらない。

毎日気温が5度単位で上がったり下がったり、皆様体調崩されませんように。

 

2月のレッスンでご紹介したキッシュ。

タルト生地に焦点を当て、あると便利なグッズをご紹介します。

 

 

綿棒ではなくて両端においたルーラーと呼ばれる棒(?)です。

生地を均一の伸ばすのに使います。

5mmのものを買ってしまったのですが(随分昔)、5mmだとキッシュの生地には厚すぎます。

 

結局ルーラーを外して3mmくらいに伸ばしていくのですが・・・

生徒様にいいことを教えていただきました。

 

 ダンボールをカットして作った自家製ルーラーです。

アマゾンのダンボールがちょうど3mm厚さで、これがキッシュの生地にはちょうどいい厚み。

 

重さのある荷物を運ぶダンボールは5mm厚みなので、わざわざルーラーを買わなくてもダンボールで代用可能だとのことでした。

 

なるほど!

 

早速アマゾンで荷物を頼み(いやいや、物置部屋にありました)、2mm幅でカットして3mm厚みのルーラーを手作りしました。

これは使いやすく、オススメです。たくさん作っておいて、潰れたら変えてください。

 

もう一つ。

 これはタルトの縁飾りに使うタルトピンです。

先がギザギザになっていて、タルトの縁をつまんでねじって模様をつけます。

 

 一周させて、こんな模様にします。

 

こちらの代用品は・・・毛抜きとか骨抜きとか?

指でつまんだり、ペティナイフの背中を押して模様をつけてもいいと思います。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索