手羽元の火入れはどこまで?フライドチキン

March 1, 2018

 世田谷区桜丘のミルポアです、こんばんは。

 

息子の好物、手羽元のフライドチキンです。

何が食べたい?って聞いたら、ファミチキ!って答えたので、それに対抗しました。

 

骨つき肉は骨周りの肉に火が入りにくいため、表面が綺麗に焼けていても内側が生っぽかったりすることがあり、火入れには少し気を使います。

 

鶏肉は部位によって火の入れ方がまるで異なります。

手羽元になると、骨周りの肉まで完全に火入れする必要があるため、弱火で時間をかけて火入れいます。

 

目安としては、一番細い部分、くびれた部分の肉が縮み、骨が見えるくらいまで。

肉は焼き縮みしますが、骨は縮みません。

火が入ってくると肉が縮み、骨が見えてきます。

「くびれた部分の骨が見えるくらいまで」が手羽元肉の火入れの目安です。

 

 

お弁当の残りの手羽元肉を使ったので3本しか残ってませんでした。

空いているスペースで、ついでにフライドポテトも。

弱火でじっくり火入れしたジャガイモは、甘くて美味し〜い♪

 

夜の写真は苦手ですが、こんな一皿。

バスケットに入れたほうが、それっぽかったかも笑

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索