• Kyoko

八月の新しいレッスンについて


こんにちは、世田谷の料理教室ミルポアです。


八月の新しいレッスンの献立が決まりました。

八月は夏に食べたい和食をテーマに作ります。


・鶏の照り焼きとついでのじゃがいも

・昆布締めサーモン

・焼きもろこし

・豚の味噌そぼろ

・かぼちゃの豚そぼろ和え

・豆乳の冷製スープ

・混ぜちらし




鶏の照り焼きなんかは夏じゃなくても食べたいけれど、こういった冷めても美味しくメインになる料理って作り置きしておくと便利じゃないですか。

今回オーブントースターで作ろうと思ってます。

オーブンは余熱から立ち上げないといけないし、庫内が広くて一品だけだともったいない。

魚焼きグリルでも焼けると思います。

焼いている間に肉汁やタレが落ちてもったいないので、ついでにじゃがいもも照り照りします。




この写真は実はインチキで、昆布締めしてから30分足らずで切っちゃったやつです。

写真撮るのに間に合わなくて・・・

実物はもうちょっとオレンジが濃く、食べるとまったりしてとても美味しいのです。

昆布締めと言えば鯛ですが、サーモンでもとても美味しくできるのですよ。



薄くスライスしたとうもろこしは、箸でつまめるので手を汚さずに食べられます。

これって画期的じゃないですか!?

どっかで見かけて絶対に真似しようと脳内ストックしてたのが、ついに日の目をみる時がきました。

味付けは定番のバター醤油ですが、少しパンチを効かせた味にします。



こちらは豚の味噌そぼろのご紹介なのですが、アレンジとしてかぼちゃと合わせていきます。

豚そぼろは日持ちもするし、かぼちゃに限らずどんな食材ともマッチします。

和えるだけじゃなくて煮込んだり、トッピングしたりと自在にアレンジ可能です。

冷蔵庫にあると重宝しますよ。



酢飯と夏野菜を合わせた混ぜちらし。

酢飯ってどうしてこうスルスルとお腹に入ってしまうのでしょうか。

食欲のない日にでも、ちょっとのつもりが結構食べてしまえるのが酢飯です。

ベースの酢飯+αを仕込んでおけば、食べる前に好きな野菜と合わせるだけなので簡単です。

生野菜を使わなければ、暑い日のお弁当にももちろんOKですとも!



すごくシンプルなのですが、ごくごく飲めちゃうヤツです。

さっと火を入れたオクラをトッピングしましたが、トマトやきゅうり、とうもろこし、成す等、夏野菜との相性抜群です。




暑い夏にはなるべく手間のかからない、簡単で栄養バランスの取れた献立が重宝します。

もちろん味に妥協するつもりはありません。

モリモリ食べて、元気にこの夏を乗り切りましょう!


ご予約はクスパより承ります。


レシピ見放題、動画見放題のミルラボのサービスもぜひご利用ください。

現在動画68本、レシピ200前後公開中。

レッスンではご紹介しきれない、さまざまな食材の下処理シリーズの動画も人気です。

お得なレッスン割引サービスもございます。

サービス内容につきましては、こちらをご覧ください。



89回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示