top of page
  • 執筆者の写真Kyoko

三月の新しいレッスンについて




こんにちは、世田谷の料理教室ミルポアです。


今日は1/30、まだまだ寒いです。

このレッスンが始まる三月は暖かくなっているのかな、暖かくなっていたら嬉しいな、でも花粉も飛んでいるのだろうな、そんなことを考えながら書いてます。


三月は和牛スネ肉を使った、ごろごろビーフカレーを作ります。

過去のカレーレッスンとしては、グリーンカレースープ、キーマカレー、スープカレー等をご紹介してきました。

今回は洋食の王道カレー、ビーフカレーです。




・ルーから作るビーフカレー

・砂肝ときゅうりの和え物

・スナップエンドウ(またはそら豆)のポテサラ

・トロトロ卵スープ

・簡単なデザート


(ビーフカレー)


洋食カレーの王道、ビーフカレーをルーから丁寧に作ります。

カレールーって意外に簡単に作れるんです。

原材料は油分、小麦粉、お好きなスパイスの3種類ととてもシンプル。

あえて自作する理由は、やはり原材料が見える(自分で選べる)ことにあります。


市販のカレールーも美味しく便利なので私も使いますが、どうしても使用する油や添加物、塩分が気になります。

その点自作ルーでは添加物はもちろん入らず、油もバターや米油、胡麻油(白い方)等選んで使えます。

自作ルーで一番気に入っているのは塩分が入らないこと(入れる入れないは自由です)。

自分の好きな塩加減でカレーが作れるのが醍醐味です。


自作のカレールーは冷凍保存も可能ですので、今では市販ルーを使うことは滅多になくなりました。

カレー風味ととろみを同時につけることができるので、出汁に溶かしてカレーうどん(そば)を作ったり、残ったクリームシチューにルーを入れて即席カレースープ等、とにかく便利です。



(スナップエンドウのポテサラ)


カレーのお供にさっぱりテイストのポテサラをどうぞ。

カレーがしっかりしたお味なので、ポテサラにはマヨは使わず、さっぱりと仕上げます。

季節の青野菜を添えれば栄養バランスもバッチリ。


ちょうど豆類が美味しくなってくる季節です。

スナップエンドウや絹やさ、そら豆、グリーンピース、お好きな豆類を合わせてどうぞ。

数種類も豆類を合わせれば、それぞれ緑のトーンの異なる色のグラデーションが美しく、これも一つのアートです。

この季節の豆、大好き。



(砂肝ときゅうりの和え物)


お気に入りの焼き鳥屋さんで必ずオーダーする逸品「砂肝のネギ塩和え」の模倣品。

特に息子が好きなので、気軽に食べられるように自作してみました。

作り方を教わったものではないので自己流です。


砂肝は糖質ゼロ、高タンパク低カロリー、鉄分豊富と栄養価の高い優良食材の割に、家庭では馴染みのない食材でもあるようです。

それはもったいない!

栄養価が高いだけでなく、サクサクとした食感(火入れによってはコリコリ)が食べ心地よく、何より美味しいのでぜひ使って欲しい食材なのです。


レッスンでは、下処理の仕方が分からない、硬い、匂いが苦手、だいたい砂肝って何!?という疑問を解消し、

砂肝ってこんなに美味しいの!?と砂肝の地位向上を目指します。



その他スープ、簡単なデザートも一緒に作ります。




レシピ見放題、過去のレッスン動画見放題のミルラボのサービスもぜひご利用ください。

現在動画70本、レシピ400以上公開中。

レッスンではご紹介しきれない、さまざまな食材の下処理シリーズの動画も人気です。

お得なレッスン割引サービスもございます。

閲覧数:212回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page