• Kyoko

トマトのマリネ レシピ付き


こんにちは、世田谷区の料理教室ミルポアです。


雨だったり晴天だったり、暑かったり寒かったりで天気まで落ち着かないですね〜。


最近は買い物もなるべく控えているのですが、ミルポア(チョコラブ16才)の主食ささみを切らすわけには行かず、週1というわけには行きません。

それでも極力、週1〜2週に3回くらいに抑えてる笑。


久しぶりにスーパーに行くと、レジ前にビニールが設置されていたり、レジに待ち位置が明示されていたり、店内に入れる人数を制限したりと工夫がみられます。

買い物客は一時的滞在ですが、店員の皆さんは長時間危険に晒されているわけで。

少しでもリスクが緩和されるよう、私にできること。

買い物は一人で、もちろんマスク着用、スーパーのルールを認識して守る、マスクの所在を聞かない、喋らない等。


さて、毎日の食事作り、みなさん頑張ってますか〜?

多分長引くので、あまり頑張り過ぎず、家族が好きな献立なら繰り返し同じものでもいいとしましょう。


我が家のヘビロテレシピの一つ、トマトのマリネをご紹介します。

買い物に出たら美味しそうなプチトマトを数パック買って、トマトの鮮度が落ちないうちに毎日のように食卓に出してます。

プチトマトじゃなくてもいいのですが、果肉がしっかりしたものの方が美味しいと思います。


<トマトのマリネ>

プチトマト・・・1パック

塩・・・小1/2


1. プチトマトはヘタを取り除き、洗ってザルにあげる。

2. 縦半分にカットしてボールに入れ、塩をまぶして20〜30分ほどおく。


以上


塩を当てるだけの簡単なものなのですが、少しおいて塩を馴染ませるのがポイント。

トマトの甘みが際立ち、これだけでとても美味しい。


ここからは変幻自在です。


マイブームはプチトマトとミョウガの組み合わせ。

スライスしたミョウガ、白ごま、ごま油を回していただきます。

写真はプラスして叩いて塩もみしたきゅうり、雑魚を合わせています。

わかめ、水菜、ちくわと合わせたり、今の季節だったらフレッシュな豆類、ウドとか。


洋風に、ほんの少しのすりおろしにんにく、オリーブオイルを振って。

バジル、茹でた白いんげん豆、パスタ、別に調理したきのこ類等々。


味付けは基本トマトに当てる塩だけ。

トマトに酸味があるので、酢やヴィネガーも不要です。

でもトマトが美味しくないともちろん美味しくないので、トマトが美味しい今の時期特におすすめです。

144回の閲覧